2005年09月17日

第13回 「ストーリー中盤の補足」

本筋から離れたネタをいくつか。

★ グリーバスはなぜオビワンにあっさり敗れたか?



グリーバスはジェダイキラーとも呼ばれ、数多くのジェダイを倒してきました。

グリーバスがジェダイを倒せた理由の第一が、その肉体的強さにあったのは
間違いありません。

鉤つめのついた手足、4本の腕、さらに電子回路で強化された反射神経・・・
フォースを使えなくても、並のジェダイでは、到底太刀打ちできない力を
グリーバスは持っていました。

さらにグリーバスはドゥークー伯爵からジェダイが使う剣術も教えられていました。

オビワンと戦う際には自身満々にこう言います。



「来い、ケノービ!かかって来い!」
「私はティラナス卿(ドゥークー伯爵)にライトセイバーの訓練を受けたのだぞ」


しかし、ここにグリーバスの落とし穴がありました。

実はドゥークー伯爵はグリーバスにすべての剣術を教えていなかったのです。
理由は”保険”いざというときにグリーバスを倒せるようにと考えていたからです。

対するは百戦錬磨のジェダイ、オビ=ワン・ケノービ。
小説にはっきり書かれているわけではありませんが、これこそがグリーバスが、
あっさりとオビワンに破れた理由だと思います。

まあ、最後はライトセイバーではなく銃に撃たれちゃうんですけどね。




★ クローン軍を作ったサイフォ=ディアスとは?

EP2で名前の出てきたサイフォ=ディアス。
彼はジェダイマスターであり、クローン軍を惑星カミーノに発注した人物です。



そして、サイフォ=ディアスはドゥークー伯爵の親友でした。
ドゥークー伯爵が、まだジェダイにいたころ、来るべきダークサイドの脅威について
2人で話をしたということです。

ところが、ジェダイ評議会は聞く耳を持たず、サイフォ=ディアスは独断で
クローン軍を発注しました。来るべきダークサイドの脅威に備えて・・・

しかし、これはパルパティーンの知るところとなります。
また、親友のドゥークー伯爵もダークサイドに魅せられシスになってしまいます。

パルパティーンは「クローン軍の存在をまだジェダイに知られるわけにはいかない」
としてドゥークー伯爵にサイフォ=ディアスの口封じを命令。
ドゥークーは自分が真にシスになった踏み絵としてサイフォ=ディアスを殺害
クローン軍はパルパテイーンの手駒となりました。



余談ですが、EP2でオビ=ワンは、暗殺者の使った矢から惑星カミーノに行き、
クローン軍を見つけますが、これも、すべてパルパティーンの仕組んだことです。

クローン軍が必要な時が来た、と考えたパルパティーンは、誰かにクローン軍を
発見させようとして、わざと”特殊な矢”という手がかりを与えたのでした。



★ 帝国建国の際、なぜパドメは反対しなかったのか?



パルパティーンに反抗する勢力を守るためです。

パドメやベイル・オーガナは、以前よりパルの強権政治に反対していました。

徐々に権力を増すパルに対抗すべく、議員の中で署名をつのったりしていました。
(このあたりにシーンはDVDの特典映像で追加されるらしい)

しかし、パルの元老院での力は強力で、同志は一部のみ。
多数派にはとうていおよばない数でした。



パルはジェダイの反乱とこの議員の動きを結びつけ
(実際、結びつこうという動きもあったのですが)
ジェダイを滅ぼしたときに、反対議員も逮捕していたのです。

このため、パドメは帝国建国に反対して逮捕されるよりは、
生き延びて密かに反パル勢力を支援した方が良いと考えました。

これに同調したのがベイル・オーガナ議員。後にレイアの養父となる人物であり、
EP4でデススターに破壊される惑星オルデランの代表でした。



この動きが後の反乱軍に繋がっていくわけです。


また、反パルの動きはアナキンに対する揺さぶりにも使われていました。
パルはパドメとオビ=ワンが親密な仲だ、とアナキンに吹き込んでいました。

オビ=ワンへの嫉妬心を使って、アナキンのジェダイ離反をあおったわけです。


<BACK| |NEXT>

posted by ふるやんSW at 13:16| スターウォーズEP3を補完する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。